フォト

所属しているパソコン訪問授業「あゆみ」のページ

  • パソコン修理と設定「PCドクター あゆみ」
  • 訪問パソコン教室 あゆみ

【PR】Amazon link

無料ブログはココログ

【PR】 おすすめネットサービス

  • びっくりするほど簡単にホームページを作成「グーペ」
  • リーズナブルで高機能サーバー「ロリポップ」
  • あなたにも簡単に始められるネットショップ「カラーミー」
  • ドメイン取得なら 「お名前.COM」

カテゴリー「Windows10」の63件の記事

2020年3月24日 (火)

ウインドウズ10でアップデートができない、何回やっても失敗するパソコンをとことんメンテでなんとか修復できました!

Windows 10のアップグレード依頼もようやく落ち着いてきたこの頃ですが、今回は「ウインドウズ10でアップデートができない」という方よりの依頼であります。

うーむ、この辺の不具合は結構面倒でいままでも散々苦労してもダメな割に、ある日突然直ったりしてなんだかわけわからんが、依頼とあれば色々やってみましょう。
ということでそのオーナー宅へ伺ってパソコンをお預かりしてきました。使っているパソコンは富士通のLIFEBOOKシリーズです。

↓ i7でメモリ8GBとブルーレイドライブのハイスペックタイプです。

 

W10up900

 

さっそくそのままネットに繋いでWindows Updateを行うと、なるほど「更新が失敗しました」となりそのまま引っかかっている様子、オーナーに確認すると1月ころからこの表示になるそうな。

W10up899

 

エラー表示は「0x8000ffff」でこの辺はネット情報によると「保留中」となった更新プログラムの残骸が残っているらしいが、詳しい症状は色々あるらしいです。

 

このへんの情報はいつも参考にしている「ぼくんちのTV別館」さんが非常に詳しいので、その中のWindows10 Updateトラブルページをみていろいろ試してみます。

まずは、普通に3回ほど「再試行」を試すもまったく同じ状態です。
次にトラブルシューティングをやってみます。しかし同じく失敗しましたとなります。

そして、「重症な場合」のコマンドプロンプトで chkdsk なんかを試します。しかしいくつかのコマンドプロンプト操作でも全く改善しません。

うーむ、となるとかなり重症のようです。
これ以上いじると何かと現在のシステム環境に影響がありそうなので、手持ちの同じくらいのハードディスクに現在の環境をクローンします。入っているハードディスクが1GBなのですが手持ちには750GBが最大だったのでそれにまるごとクローンしてからハードデイスクを入れ替えます。そしてまたいろいろと試してみます。

まずは有償のセキュリティソフトを削除してからアップデートを試すもダメ、次にシステムの復元を試すもやはり撃沈です 。

うーむ、こうなるとクリーン再インストールしちゃえばいいのだけど、オーナーのデータもあるしいろんなソフトも入っているのでそれを再構築するのもかなり大変です。

なので最後にMS様のサイトより最新ウインドゥズのアップデートファイルをダウンロードして直接行うことにします。しかしここから行うと何故か非常に時間がかかります。
「設定」からのWindows Updateとどう違うのかは詳しくわかりませんが、もうこれしかないので仕方なく行います。

↓ ページはここです。Windows 10 November 2019 Update で検索してね。

W10up901

 

Windows 10のダウンロードページから「今すぐアップデート」のをクリックして始めます。
すると「更新プログラムを準備しています」からなかなか進みません。

W10up902

ここで晩飯とお風呂に入ることにして、パソコンはそのままにしておきます。
2時間ほどたってから見てみると「更新プログラムの準備ができました、.....再起動する必要があります」と出ていました。

↓ この表示です。

W10up903

そしてここまでも長かったがこのあともかなり時間がかかりました。

↓ ずっとこのまま100パーセントになるまで軽く1時間ほどかかりました。

W10up904

 

2回ほど再起動されてようやくデスクトップ画面に戻ったのですべて終了したみたいです。

その後、設定からWindows Updateをみてみると「最新の状態です」と出ていますので、エラーが無くなったようです。再チェックしてみても最新となり大丈夫な様子。システムバージョンも19.09になりました。なのでもう一度ハードディスクを元の方と交換して、再度同じ修復作業を行いました。またまた数時間かけて終わり、これでようやくアップデートエラーは完治した様子です。


あとは各ソフトなどの動作確認を行ってから翌日にオーナーへお届けしました。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

2020年2月21日 (金)

メールとウェブ作業用に一体型デスクトップパソコン TOSHIBA REGZA D712に Linux Mintをインストールしてメインマシンに!?

ひさびさにパソコン仲間のおっさんから連絡があり、「もう今後はWindowsではなくLinuxをメインで使うことにしたよ、そんでいまま使っているWin7パソコンに入れたいんだけど、どのLinuxがいいのか」とのことであります。

 

以前にもLinuxを使いたいとかで依頼があったのを思い出して自分のブログに書いた記事で、そのおっさんにいろいろ伝授したのは2015年から2016年あたりです。
んで、その後使ってたLinux機はと聞くと、ファイルサーバーとしてたまに使ってましたとのこと。
ならばそのままそれにすればいいんじゃん。以前のインストールディスクで入れてバージョンアップするといいよと伝えると、ディスクが見当たらんからまた送ってときたもんだ!!

へいへい、しゃーないですので今度入れるパソコンのスペックを確認して、最近のLinux Mint-MATE 19.3の64ビットをDVDに焼いて送りました。まあどうせ使うのはメールとブラウザ辺りだろうからひととおりそのへんのソフトも入っちゃうし問題ないだろう。

ブラウザはFirefoxが自動で入るし、メールはサンダーバードが入ってるし、オフィス系はもともと入ってくるLibreがあるからそこまで揃えばそのおっさんにはもう充分です。
そして今まで一番やっかいだったプリンタの接続も、大手メーカーもドライバを揃えてくれてるのでほぼ問題ないです。


そんでもってわたしもそろそろ本気でメインマシンをどうするか考えなくちゃね。
原因はあのおせっかいでゴリ押し満載のWin10のせいでありますが、あのアップデートで予期せぬ時に使えなくなったり時間がかかったり、さらに個人設定が戻ったりするし、MS系のログインをしろしろというのはもうけっこうであります。

現在のパソコン環境は、仕事用のマシンはしかたがなくWin10にして主にメールやウェブ仕事用にして、サブで以前のメイン機のWin7を置いてあります。そしてそろそろホントにメイン機をLinuxへ切り替えることにしました。

まずは現在自分のメインで使うパソコンでの用途とは何なのか整理してみると、

*メールの送受信。
*ホームページ制作、現在はほぼワードプレス、一部はまだドリームウィーバー。
*ブラウザで各種情報の検索と顧客のページをモニタしたりする確認作業。
*FTPソフトで各種サーバー管理。
*エクセル・ワード・ポワポとイラレにフォトショを少々使う。
*ブログを書くときのテキストエディタを使用する。

こんな感じでした。よく考えたらドリームウィーバーとイラレとフォトショ以外はほぼ Linuxでも事足りるわな。
エクセル・ワードは互換のソフトがあるし、メールはスマホでも見れるし検索もスマホで探すほうが多いですしね。

 

なので以下で使おうかと、

メイン機(デスクトップ) → Linux Mint

サブ機 (デスクトップ) → Windows 7 ※もとメイン機、ドリームウィーバーとエクセルやイラレ用

サード機 (15インチノートパソコン)→ Win10

さらに持ち運び用11インチノートパソコンにWin10とデュアルブートでLinux Mintを入れます。これはWin10は顧客訪問時の動作確認用と、Linuxでブラウザを使う作業に使います。

そこで切り替え移行期間のテストとして、まずは以前顧客から頂いて整備した一体型のTOSHIBA REGZA D712 にLinuxを入れてみます。
こいつは以前整備してWin10を入れてみたが、CPUがセレロンタイプでややもたつくのでなおさらLinuxが丁度いいかもしれませんな。

TOSHIBA REGZA D712 にWin10を入れて整備してみた 

そして入れるLinux Mintは今回はCinnamon バージョンにしました。こいつはMateよりは幾分重めらしいが大した差はなそうで、見た目がややきれいらしいので使ってみたかったエディションです。

まずはMintのサイトへ行って、アジアの台湾サイトからダウンロードします。
その後ダウンロードしたisoイメージをDVDに焼いてからREGZA へインストールします。

DVDから立ち上げてそのまますすめてインストールが終わってから初期設定をおこない、足らないソフトを順に入れます。まあでも最近のLinux系はもうすでにいろいろソフトも一緒に入るので昔ほど面倒が無いですな。

あとはグーグルクロームとFTPソフトのFilezillaとテキストエディタのKateを入れればもう万全です!?

後は印刷用にプリンタの接続ですが、これも昨今は各メーカーのプリンタも対応しているので簡単です。ブラザーは早くから対応してくれていたしキヤノンも最近はメーカーサイトにドライバがあります。手持ちのエプソンプリンタはLinuxでドライバがあり機種名を選べば設定できました。

↓ インストール後のCinnamon デスクトップ、他バージョンよりメニューがやや大きい!

Mint480

さあこれで REGZAに自分のお試し作業環境ができたので、あとは使いながら不具合なければLinux Mintをデスクトップパソコンに入れてメインとして切り替える予定です。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年2月 6日 (木)

Windows 10 アップグレード依頼が殺到しててんてこ舞いでした!?

いまこれを書いているのは2020年2月2日であります。
Windows 7のサポートが終わったのが1月14日で、その後のWindows 10 アップグレード依頼が殺到し、もうてんてこ舞いであります。

 

その1月14日前後にテレビやウェブなどで「早めにWindows10にしましょう」と出ていたようで、その後の問い合わせやアップグレードの依頼がすごかったです。

数えてみるとお預かりや出張でWindows10へアップグレードしたものは約25台ほど、一時は作業部屋に常時3台ほど常に預かっていてほぼ毎日作業を行っていました。

また、お客様自身でアップグレードしてうまく行かなかったものも数件あり、そうなると対処が難しくて難儀です。そんなものもなんとかWin10で使えるようにしました。会社系の場合はできれば買い替えをお願いしてありますよ。
そんでもって古いパソコンを引き取ったりしたので、さらに事務所に山積みだったりして...じゃまだぁということで先日まとめてリサイクルへ送りましたけど。

そして、いろいろアップグレードするとこうなります。

↓ 入れ替えたハードディスク!

Hd250350

ほとんどがSSDへの換装と、ヘタっているものなど交換して取り出したディスク達、この後に専用ソフトでユーザーデータを抹消します。

もちろんそのままどっかに売り飛ばすなんてことはしませんよ。

そしてブログはもとよりウェブ制作仕事の方も滞る状態でしたので、ようやく2月に入ってそんな依頼も落ち着いてきましたのでブログ再開です。

※その後、依頼殺到の第二波が!
「まだWin10にできますか」とか続けて入りました、どうやらサイトでの確定申告がWin7だとできないとか!?

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年1月18日 (土)

ACアダプタのない一体型デスクトップパソコン TOSHIBA REGZA D712を引き取ってWin10をインストール!

今これを書いているのは2020年1月10日であります、Windows 7のサポートが1月14日に終わるのでテレビやネットでいろいろ取り上げられるので、こちらにも問い合わせが集中しております。なのでそんな駆け込みの依頼が1月初めより殺到しております。

さて、今回はそんな Win10アップグレードの一般家庭の方からの依頼があり、メインのパソコンのWin7からのアップグレードを行いました。

そのときに、「使ってないパソコンが有るのだけど処分したいので持っていってくれますか」とのことであります。
はい、いいですよどんなパソコンですかと聞くと、「娘が使っていたもので独立しておいていったものです」とのこと。

2階から運んできたのは一体型の東芝のパソコンです。
本体だけしかなくマウスやキーボードとACアダプタも娘さんが引っ越した際にどこかへ行っちゃったらしく見当たりませんとのことですわ。
なのでメインのDELLのバージョンアップ作業が終わってから、そのままクルマに積んで引き上げて来ました。

引き取った時期が12月でしばらくそのまま置いたままでしたが、年も明けてそろそろどうするかいじってみることにしました。

まずこのモデルは2013年発売の REGZA PC D712/V3HGというモデルで、地デジテレビも見れるマルチメディア一体型デスクトップパソコンというものであります。キュートでスタイリッシュなデザインで、オンキヨースピーカー内蔵で、しかもモニタ単体としても使えるという面白いモデルですが、スペックをみると今一つな性能の下位機種モデルでありますな。

↓ メーカーサイトもまだあり、安い方のV3は当時13万ほどでした。

 

D712v3001

 

スペックは、

Celeron Dual-Core 1000M 1.80GHz
ビデオチップ Intel HD Graphics
画面サイズ 21.5 インチ
メモリ容量 4GB
ハードディスク 1TB
地上デジタルチューナー内蔵
元のOS Windows 8 64bit

というものです。

さてACアダプタがないのでどうするか調べると、電源の規格は19V 6.32Aで富士通かNECなら最近は同じ規格なので、同じ一体型のものが使えるかもしれません。
そこで手元の在庫を調べるとNECのおなじく一体型のACアダプタが使えるか試してみました。NECのはアダプタの口径は同じですが19V 8.16Aです。アンペアが多い分には使えるので大丈夫だと思い、そのまま差し込んでみて電源スイッチを入れるとウィーンと起動しました。

すると起動画面はWin10のもので、なぜか初期OSのwin8ではありません。そしてパスワードも掛かっています。

この時点でご依頼主に連絡してそのあたりを確認するも、娘が使っていたのでまったくわかりませんとのことですわ。
なのでパスワードリセットソフトで解除もできるけど、面倒だからそのまま新しくWin10を入れることにしました。

Win10のインストールディスクから起動してハードディスクを初期化してあっさりアップグレードを行いました。
ドライバ系はTVチューナーを除いて他はすべてあたっています。

さっそくDVDソフトを入れて映画を再生してみると、なるほど結構いい音のスピーカーです。

そして動作といえば下位のCPUなわりには特に遅くもなく、画面も光沢タイプな割には反射も少なく Clear SuperView LED液晶ということで実にきれいです。

↓ 整備後のもの、Win10で動作してます。

D712v3002

色々いじってみて本体の動作は特に問題ないが、このまま使うにはACアダプタが必要ですのでネットで探すことにします。まずAmazonで探すも互換タイプらしきものはあるけど、何故か対応機種一覧にはこの機種名がありません。

すると楽天市場の中古パーツショップで純正の中古のアダプタが見つかりました。値段も互換タイプとあまり変わらないのでそれを手配します。2日後に届いてもちろんちゃんと動作しました。

続いて iTunesをインストールして音楽を再生してみると、モコモコ音でもない明るいサウンドです、低音は無理だけどながらで聞く分には丁度いいですな。

ということでACアダプタを取り寄せてWin10を入れて、Win8一体型パソコンの整備が完了しました!

 

 

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

2020年1月15日 (水)

SONY時代の元 VISTAの赤い VAIO VGN-CS62をWindows10へバージョンアップしました

今回は一般家庭の顧客よりWin7パソコンが2台あるが、アップグレードしてWin10では使えないでしょうかとの依頼です。
まあとにかく伺って診断後にアップグレードを検討します。

その2台はどちらもノートパソコンで、1台は富士通 FMV NB50Sという元XP機種でWin7にしてもらったものとか、さすがにこのタイプはもう激遅だしハードディスクもIDEタイプだしメモリも2GBまでとかでWin10へはできなくはないがほぼ無理でありますな。

そしてもう一台が VAIO VGN-CS62で、この機種は2009年発売のVISTA時代のものでWin7にして使っていたおしゃれな赤いカラーデザインのものです。

↓ 左がVAIO、右はFMVです!

2pc6000

スペックは、

Core 2 Duo P8600 2.4GHz
液晶 14.1 インチ
メモリ DDR2 PC2-6400 4GB
ハードディスク SATA 320GB
Windows Vista Home Premium

というものです。
まあこれならSSDにすればWin10で使えるでしょう。

ということでVAIOだけアップグレードにすることにしました。もともとFMVのほうはあまりに遅いので使ってなかったそうでせいぜい年賀状ソフトを使っていただけとのこと。
そしてオーナーよりFMVの住所録データだけ取り出してVAIOの方に入れてほしいとのこと。
なのでどちらもお預かりしての作業です。

持ち帰りまずその2台からデータを取り出します、どちらも遅いだけで動作に不具合はなく、時間がかかるがデータを取り出します。特にVAIOの方は音楽ファイルがどっさりと多少のエクセルとワードファイルがありました。メールはまったく使って無いそうでたまにプロバイダのOCNのWebメールで確認していたとのこと。今回はWin10にしたあとにサンダーバードでメール設定を入れることにします。

 

データ取り出しのあとはVAIOのシステムをクローンします。いつものクローンツールでまるごと240GBのSSDにクローンして、その後ディスクを入れ替えます。Win10で引っかかりそうなソフトを削除してからその後にアップグレードを行います。最近たまに引っかかるバージョン19.03ではなく18.09のインストールディスクで行います。どのみちアップデートでほっておけば最新になりますし。

↓ 各バージョンで作ってあるWin10インストールディスク、右下はお試し版

W10dvd

 

無事30分ほどで終わりWin10になりました。
あとはオーナーがログインして使っているグーグルクロームを入れてメインブラウザにし、アドビのPDFリーダーと、使っていたDVDソフトとオフィス2010を入れ直します。デバイスマネージャであたっていないドライバはFeliCaとマジックゲートだけで、そのへんはまったく使っていないので問題なしです。動きはというとサクサクで快適な動作です。

次にFMVの筆王の住所録を移します。調べると年賀状用の住所が200件ほど入っていたので、一旦CSVファイルとして取り出してから、Win10に新しい筆ぐるめをインストールして、「他ソフトからの取り込み」でそのファイルを読み込んで保存します。

あとは伺ったときにメール設定をサンダーバードに入れました。3年以上もメールソフトで受信してなかったそうでメールニュースや迷惑メールなどが5000通ほど受信していました。

その後プリンタをつないで設定しますが、かなり古いキヤノンのiP7500というプリンタで、なんとメーカーサイトにWin10のドライバが見当たりません。まあそういうときはドライバを入れずにUSBをつなげてプリンタ電源をいれれば自動で認識しドライバがあたります。無事認識して印刷設定もできるしプリント結果も問題ありませんでした。

これでデータもすべて移してVAIOがWindows10で使えるようになりました。
FMVのほうは引き取ってリサイクル行きとします。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年1月 9日 (木)

5年ほど起動してないレッツノートCF-W8をゲット、なんとか動いてWin10をインストールしてみた!

2019年の12月にホームページの打ち合わせで伺った会社の顧客の社長より、「使えないXPのノートパソコンあるので処分してください」とお願いされました。

はい、使えないとは故障していますかと聞くと、起動するとなんかエラーが出るのでそのままでもう5年ほど動かしてないから、ほんとにもうダメかもしれないとのこと。では、もし直して使えたら使っていいかと伝えてからいただいてきました。

機種は2008年頃発売のパナソニック レッツノートCF-W8でVISTAモデルをXPにダウングレードしたものです。当時の価格は25万前後という堅牢性能で現場系ならこれしか無いという高性能で高価格なモデルであります。外観はホコリを払うとまあきれいでボディの凹みが1箇所と右Altキーがありません。

↓ ゼロハリバートンっぽいデザイン、左側にヘコミひとつありです!

Cfw8001

さて一緒にいただいてきたACアダプタをつないで電源を入れてみます。
するとなんなく普通に立ち上がってXPのログイン画面になりました。
ログインパスワードが掛かっているので例のパスリセットソフトで解除します。

再起動すると今度は普通にXPのデスクトップが出ました。そのまま様子を見ると「エラーが出ましたのでエクスプローラを終了します」と出てそのまま固まりました。うーんこのことか、たぶんハードディスクエラーかシステムファイルエラーですな。

ちなみにスペックは、CPUはC2D U9300でハードディスクはSATA 120GB、メモリは最大の3GBでした。
なのでイッちゃってる2.5インチハードディスクを、手持ちの160GBのものに入れ替えてWin10を試すことにします。
なお、メモリがやや少ないので32ビットのお試し版を入れてみます。

裏面のバッテリーとカバーを外してハードディスクを入れ替えます。
堅牢なボディタイプなのでハードディスク部分は分厚い柔らかなクッションのカバーが付いてます。

↓ ハードディスクを取り出したところ、黒いのが分厚いHDクッションカバー!

Cfw8003

HD交換後にBIOSでDVDブートに変更してから、Win10システムDVDから立ち上げてインストールを進めます。
インストールが終わったら不足しているドライバが自動で入るのを待ちます。そのままにしていると画面がチラチラしてビデオドライバもはいったしく、その後デバイスマネージャーを確認するとドライバはすべてあたっていました。

↓ Win10で起動したところ、液晶右がやや暗い!

Cfw8002

さて、動きはといえばあの激重OSのVISTA時代のモデルなので、まあWin10ではサクサクではないがぎりぎりの動きですかね。もし正式に使うならSSDに交換したほうがいいですな。

そしてキーボードのキーのない右Altキーは、頻繁に使うものではないのでそのままでもいいが、みっともないので廃棄予定のパソコンから近いものを取り外して取り付けておきました。

↓ 若干色が違うが、まあいいか...!?

Cfw8004

そして新品なら10時間は持つというバッテリーは流石にヘタリが出ているが、それでもいまだ3時間30分は使える様子です。また、液晶の右端がやや暗いようですわ。

ということで外装クリーニングとハードディスクだけ交換で直ってWindows 10で動きました。
これはしばらくWin10で試してみてからどうするか考えます、キーボードも交換するなら手に入るようだけど、ほぼ使わない右Altキーが一つだけなのでこのままでいいとします。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

2019年11月28日 (木)

パソコンの入れ替えで故障したDELL Vostro 270Sをゲット、それを修理してWin10へリフォームしました!?

今回の依頼は、今まで使っていたパソコンが壊れたので、新しいパソコンの初期設定とデータを移行してほしいとのご連絡であります。
個人の方ですが色々とパソコンを使うのに急ぐことがあるのですぐ来てほしいとのこと。なのでご連絡いただいた翌日の午前中に緊急でお伺いしました。

まずは壊れたWindows 7パソコンを確認します、すると起動までは進むけどすぐにブルー画面になります。
どうやらパーツ故障でハードディスクかメモリあたりの症状ですな。直せば直るかもしれないがもう新しいパソコンを手配して届いていたので入れ替えてくださいとのこと。たしかに玄関にパソコンメーカーのダンボール箱がもう置いてありました。

しかしデータ移行といっても起動しなければ分解してハードディスクから直取りするかありません。
なので念の為セーフモードなら起動するかどうかやってみると、F8連打でなんとかセーフモード起動して、しかもブルー画面にもならない様子。そうするとハードディスクのシステムファイルエラーなのでしょうか。

そこで手持ちのUSBハードディスクへユーザーデータを取り出します。
大方データを取り出してから今度は入れ替えのあたらしいWin10機を接続してから初期設定などを行います。

そしてメールはLIVEメールをお使いだったが、今度の新しい方はWin10なのでサンダーバードを使うことにします。ちなみにいままでのメールはスマホにも届いているしいらないとかで、バックアップはせずにプロバイダ書類を確認しながらメールアカウントだけを設定します。
あとはプリンタとの接続設定を行い、約1時間半くらいでデータ入れ替え作業は無事終わりました。

そして古い方は直さないので引き取ってくれとのことで本体のみ頂いてきました。


その機種は DELL Vostro270Sというコンパクトタイプです。
発売時期は2013年でスペックはというと、

Pentium プロセッサー G2020
GPU インテル HD グラフィックス 2500
メモリ 2GB DDR3 1600MHz
ストレージ 500GB SATA HDD
DVDマルチドライブ

というスペックでシリーズでのロースペックのタイプです。
CPUがPentium G2020でメモリが2GBというのは遅めな感じですな。

↓ コンバクトデスクトップDELL Vostro270S

Vostro230s001  

Vostro230s003

さて次に修理して使えるようにします。
まず内部をあけて掃除です、ホコリも少なくエアダスターで軽く吹き飛ばしてきれいにします。
つぎにケースの外部がセロテープ後やなんだかコーヒーらしい液体の跡がたくさんあります。
なのでクリーナーやシールはがし液などを使ってゴシゴシときれいにします。

そしてダメらしいハードディスクを取り出して別のものを入れて動作確認するとします。
ところが現在3.5インチハードディスクの在庫の空きのものがないので、仕方なく手持ちの中から2.5インチの320GBがあったので、2.5インチ→3.5インチ変換アダプタを使って取り付けます。
次にメモリ容量が少ないのでやはり手持ちのおんなじ規格のDDR3-2GBを増設し合計4GBにします。

次にWindows10をインストールします。OSのプロダクトKEYは本体に貼ってあるWin7のものを入れます。

ところでこのところWin10を入れるときにバージョン19.03だと途中でシステムチェックのときに進まなくなるのが多発しています。なので少し前の18.09でやり直すとスムーズに進みます。その後にアップデートすればいいのだけど、あいかわらず最新ほどなんかしらトラブルが出るのはMS様の定番ですな。
ですので今回も最初からバージョン18.09のWin10インストールディスクから行うと、すんなり進んで無事Win10になりました。
ドライバも全てあたっているし動作もまあそれなりで普通に使えます。

ということでハードディスク交換とメモリ増設で無事Win10へアップグレードできました。
しかしこのVostro270Sもいまのところ使う予定はありませんがな。ひとまず整備済み在庫でキープしておきますけどね。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2019年11月 5日 (火)

ひきとったパソコンをWin10アップグレードその2、HP COMPAQ 6005 Proという特異なタイプのミニデスクトップを直す!

このところの夏の終わりあたりから依頼殺到の、Windows10からの入れ替え設定で引き取ったパソコンのアップグレードのレポートその2であります。

はい、今回のモデルは HP COMPAQ 6005 Proという23インチモニタにメチャ小さな本体をモニタの背中におぶったような不思議なモデルであります。

そのパソコンを使っていた会社というか事務所は女性ばかりの小さな個人事務所で、主に経理系のソフトを使用していました。このパソコンはモニタも付いているデスクトップだけど、入れ替えたWin10はすべてノートパソコンにしたということで、1台だけあったデスクトップタイプをモニタも含め引き取ったものです。

そこで1台だけ引き取ったというのはこれだけエラーが出ていたらしく、「壊れているので引き取ってください」ということで喜んで持ち帰りました!?
ちなみに他のちゃんと動く2台は社員にあげるとのことでした。
まあ念の為「直してちゃんと動いたら使っていいですか」と許可を頂いておきます。

さて、こいつは2010年発売のhpビジネス用デスクトップタイプで、当時は大きいモニタにコンパクトな本体で省スペースなデスクトップという不思議な立ち位置のモデルです。
正面から見るとパソコン本体が見えず、モニタだけみたいでどこに本体があるの?というものです。

 

↓HP COMPAQ 6005 Pro背中に本体をおんぶしたような...

Hpq10001

Hpq10003

↓ 前面から見るとモニタしか見えません。

Hpq10002

 

さて、持ち帰り立ち上げてみると起動がかなり遅いながらなんとか立ち上がりました。
しかし動作チェックの途中で固まるしメチャ遅いしどうやらハードディスクのエラーありらしいです。

スペックはというと、

CPU : Athlon II X2 B24(3GHz)
チップセット : AMD 785G
メモリ : PC3-10600 2GB 
ハードディスク : 2.5インチ 160GB
ドライブ : DVDマルチ
本体サイズ :幅66×奥行き254×高さ251
重量 : 約3.1kg
OS : Windows 7 Pro 32bit

というものでした。
AMDのCPUはまずまずだけどメモリ2GBは少なすぎでハードディスクも160GBとネットブックパソコンなみの容量であります。

さっそく修理を開始します。

 

本体をモニタの後ろ側から取り外して内部を確認します。すると9年間分のホコリがドッサリで特にCPU前面の吸い込み部分が綿ボコリでほぼふさがっています。これじゃなんかしら不具合が出ますよね。
とにかくエアーダスタで積み重なったホコリを吹き飛ばして、次に細かいところは綿棒でクリーンにします。

↓ 掃除後のコンパクトな内部、ディスク系はワンタッチで取り外しできます。

Hpq10004Hpq10005

次に2GBと少ないメモリを増設します。
入っているものはDDR3-10600なので手持ちの2GBをいれて電源を入れてみるとピーピーとエラー音が出ました。

うーむ、もしかして規格が違ったのかと思って再確認しますがあってるし、低電圧タイプではないし違う2GBを入れても同じくピーピー音が!!
なのでもう一度メンテやり直しです。そういや日付もおかしいのでマザーボードのコイン電池CR-2032も交換します。

次にメモリスロットをじっくり確認するとホコリが挟まっていました。綿棒でホコリを取り接点復活スプレーを少し綿棒に浸してやさしくスロットを拭きます。その後もう一度メモリ2枚を差し込んで起動してみます。すると今度はエラー音も出ずに起動しました。
BIOS起動画面を見ていると無事4GBが認識されていました。ということは使ってないスロットがホコリとかでの接触不良だったらしいです。

そしてエラーっぽい2.5インチハードディスクを取り外して、手持ちの320GBの2.5インチに交換してそれにWin10をインストールすることにします。

ハードディスクを交換してからWin10を新規インストールします。本体にWin7Proのプロダクトシールが貼ってあるので、それをメモっておいてからフォーマットした320GBハードディスクを入れてインストールDVDから起動します。

途中でメモったプロダクトキーを入れてそのまま進めると、特に問題もなく無事Win10になりました。

モニタはというと非光沢の23ワイドタイプでもちろん不具合はありません。唯一気になるのは接続しているのがD-Subなのでデジタルケーブル接続にしたいところだけど、D-Sub以外はモニタにはDVIとディスプレイポートがあり本体にはディスプレイポートしかありません。手持ちでDisplayPortケーブルがないので仕方なくD-subのままつなぎました。

↓ バックパネル、まだ丸いマウスとキーボード端子もあります。

Hpq10006

 

さて、Windows10での動作はというと64ビットを入れたのでメモリも4GBで認識しており、SSDではなく2.5インチハードディスクだけど特にトロくもなく動作もまあ快適です。ドライバも全てあたっているしこのまま通常使用できますね。

ということでこの面白いデスクトップパソコンは、内部清掃とメモリ増設に不具合のハードディスク交換で、Win10にアップグレードして快適動作で使えましたよん!

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

2019年11月 3日 (日)

ひきとった富士通 LIFEBOOK AH55ノートパソコンをWin10へアップグレード、しかしまたもBIOSで引っかかる!

サイト制作のお仕事を頂いている某東洋医学系診察所の院長からおみやげを頂きました。
仕事で伺うときに疲れが取れないとか話をしていると「ではこれを飲みなさい」と出されたものがこれであります。

 

↓ 宝力酒(ほうりきしゅ)という活力成分たっぷりのお酒であります。

 

Houriki00001

 

持ち帰って調べるとぬわんと1本5000円もするもので、その道の方(なんの道?)には必須なものらしいです。うーむ、成分を調べると「スッポン・マムシ・マカ・ルピナス・ヒバマタ...」だって!!

試したかって?
いいや怖くてまだ飲んでません!?

 

さて、今回は最近どっと増えた仕事の、サポート終了するWin7からWin10機への入れ替え依頼でひきとったWin7機をまたまたいじってみました。
機種は富士通のLIFEBOOK AH55/DCという2011年頃の多分ヨドバシカメラモデルです。

↓ Win10インストール中の画面。

Lbah55001

スペックは、
CPU Intel Core i5 M480 2.67 GHz
メモリ 8 GB ※4GBを増設
 HDD 500GB
画面サイズ  光沢 15.6 インチ
Blu-ray Disc ドライブ

というもので、メーカー公式サポートではWin10未対応とのことですが、そのままバージョンアップしてもスペック的には十分すぎるものです。入れ替えのときにデータを消してリカバリしてあるので、初期のWin7のまま動かしてもかなりな快適なスピードであります。

ちなみに依頼のあった事務所は3台のパソコンを一気に入れ替えてその中の一台を頂いたものです。
富士通好きな社長らしく新しいほうもすべて最新の富士通のSSDなノートパソコンでした。

持ち帰ってしばらくそのままでしたが、さすがに最近色々溜まってきたので先日約10台ほどを使えるものと廃棄とで整理しつつ整備し始めました。そのLIFEBOOK AH55はもちろん不具合はなく、メモリも増設して8GBもあるので一番Win10にしやすいと思ってアップグレードしてみました。

 

まずはWin10で使えないもとから入っている富士通ソフトやらを削除します。よく引っかかるSDカードドライバも削除します。そのまま起動した状態でアップグレードDVDから行います。

言われたとおり進めると最終時点で「失敗しました」となりました。うーむまたまた例のあの辺りだろうか。なので富士通やNECでよく引っかかるBIOSで「レガシーUSBサポートを使用しない」に変更します。

↓ 引っかかったときの画面、最後の最後で出ないでよ!

Lbah55002

BIOSで変更してからもう一度最初からアップグレードを行うと、今度は最後まで進んで無事Win10になりました。

しかし体感速度はというとCore i5の第1世代でそこそこなスピードのモバイル向けCPUなのと、SSDにもしないで数年使ったハードディスクそのままなのでややまったりとしてしまいました。


まあこのまま軽い作業なら使えるけど、どこかに常渡するならSSDへ入れ替え必須です。このところはよくある親戚筋からのおねだりも無いので、動画再生にぴったりな光沢液晶なので自分のDVDビデオ再生用にしておきますかね。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2019年9月29日 (日)

Win7と8.1からのWindows10アップグレードの手順について

自分でやってみたいとの問い合わせがありましたので、こちらで行っているやり方を載せてみました、ご自分でWin10へのアップグレードを行う場合は参考にしてください。ただし機種や環境について違いがあったり失敗する場合もあります。

 

まずは事前にそのへんのネット情報を確認してくださいね。詳しくは「Windows10アップグレードに失敗しないための注意事項」とかでクグってみてください。先輩諸氏のサイトが色々あります。
そしてその辺を調べられるぐらいでないと行わないほうがいいので、面倒だとかわけわからない方は新しいWin10マシンをご購入くださいませ。

 

このやり方は動作しているWin7かWin8.1上からWindows10へアップグレードするというものです。
しかしトラブルが少ないのはまっさらな環境になる新規インストールですので、そちらでもいい方はそちらで行いましょう。

んで、なんのために動作しているWin7かWin8.1上から行うというと、「今まで使ってきたソフトやデータなどの環境をそのまま引き継ぎたい」ということに尽きます。

特に仕事用のパソコンはこれじやないと再構築が大変ですので...

 

さあて手順としては、

 

1.まずはパソコンの健康チェックでディスククリーン、エラーチェックを行う。

2.その後、新しいハードディスクかSSDに現状のOSのままクローンする。

3.クローンした新しいシステムディスクと入れ替える。

4.Win10で動かないソフトを削除する。

5.起動したままでWin10をアップグレードする。

という流れになります。

 

ディスクを交換するのは古いハードディスクがそろそろヘタっているかもしれないのと、SSDの場合はスピードアップも兼ねてます。

 

↓ 図にするとこんな感じ。

W10up

 

しかし、すんなりいかなくて難儀だったことはだいたい5回に1回ほどありました。

 

実際のトラブルの原因は、

*ディスクエラーあり

*Cドライブで圧縮ドライブ設定あり

*BIOSでUSBのレガシー有効の設定が引っかかった

*ビデオカードがWin10未対応

といったものでした。

 

しかしどうしてもわけのわからない原因で途中で止まりだめだった場合もあり、その場合はやむを得ず新しいディスクに新規インストールしてユーザーデータやらソフトを入れ直すという、散々格闘してから行うので一番やりたくない方法であります。

なので「すみません、できませんでした」ということは結果一度もなかったけど、もうそろそろやりたくなくなってきましたな、こりゃ!?

まあ、ご依頼の方はお早めにどうぞ。

※追記
問い合わせありなので、Win10のアップグレードシステムイメージはこちらからです。

→  MSのサイト   

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

自分で作れない方はご連絡くださいませ。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

【PR】オススメ本&DVD

  • あなたの婚活に絶対に為になる一冊です!
  • ジブリの不思議な猫と女の子のストーリー
  • なんだこの猫たちは独特のイラストも楽しい!?
  • 必死に頑張る信じられないかわいいねこたち
  • これを読んだら元気も復活!?
  • 読んでホッコリあったかいネコ本!!