フォト

所属しているパソコン訪問授業「あゆみ」のページ

  • パソコン修理と設定「PCドクター あゆみ」
  • 訪問パソコン教室 あゆみ

【PR】Amazon link

無料ブログはココログ

【PR】 おすすめネットサービス

  • びっくりするほど簡単にホームページを作成「グーペ」
  • リーズナブルで高機能サーバー「ロリポップ」
  • あなたにも簡単に始められるネットショップ「カラーミー」
  • ドメイン取得なら 「お名前.COM」

カテゴリー「ノートパソコン修理設定」の78件の記事

2020年8月 7日 (金)

いまどき Windows XPノートパソコンを探してほしい、そんな依頼でもなんとかしましたが...!?

今回はちょっと真面目な話ですが、今は2020年7月の下旬であります。
コロナ禍で今後の仕事と生活がどうなるか、国民の皆さま不安な日々が続いております。そりゃ公務員以外は景気の悪化で収入が減ってホントこの先がどうなるかメチャメチャ不安ですよね。

私の仕事先の会社や個人事業主に聞いても景気が良いところなんてまったくありません。
わたしゃ特に地元系の小さい会社や個人の方がお得意様なので、このところ伺うたびに社長や代表の方に会うけれどほぼそんな返答ですわ。

この先大丈夫なんだろうか日本は!?

 

 

さて、今回はなんといまどきXPパソコンの導入依頼であります。
なんでも今まで使っていたXPノートパソコンが調子が悪いということで、私のブログを見た方からの依頼なんです。
その方は、いままでも古いパソコンをやりくりして使ってきたけど、XPの中古を扱っているところが減ってきたのでこちらに依頼いただきました。

詳しく状況を確認すると、「仕事で使うソフトがXPでないと動かない」とか、よくあるビジネス系の依頼であります。以前も下町の工場関連でそんな対処をした記事を載せたけど、今回の方からの希望は「中古のXPノートパソコンを見つけてほしい」とのことですわ。必要な機能はDVDドライブが使えてUSBがついていることだとか。

メーカーや外観の状態は不問で、あとは少なくても1年はそちらでサポートしてねということです。
うーむ、サポートかぁ、そのへんが厄介かもしれんがまあなんとか引き受けました。

まずはXPのノートパソコンということですが、以前からそんなマシンはいろいろ引き取ったものを在庫しているので、古いパソコン置き場のなかから半年前あたりに引き取ったHPと富士通のやつを取り出して動作検証してみました。

その二台は、HP ProBookと 富士通 FMVであります。どちらもWin10への入れ替えでどこぞやの会社から引き取ったものでもちろん「使えたら使っていいですか」との許可をもらっております。

まずは HPの方を電源を入れてみます。すると久々の起動だけどなんなくXPが立ち上がりました。
発売時がXPの最終期付近なのでスペックもそこそこでサクサク動きます。
次にFMVの方を確認します。まあ起動しますがこれはさすがにXPでももっさりとした動きです。

なのでHPの方にすることにして、そいつを多少なりとも整備するとします。

↓ HP NX6310 2006年頃の発売らしいモデル、結構キレイでした!

 

Hpxp001

 

以前のユーザーファイルなんかがそのままになっているので、新規ユーザーを作ってから前ユーザーアカウントを削除して、あとはいろいろ動作チェックを行います。DVDドライブも使えるし各USBポートも問題ないようです。
そしてハードディスクもSATAタイプが入っているのでSSDへもできるけどそこまで必要ないのでそのままにしました。

 

整備後にその方に連絡すると、伺っての設定はいらないとのことなのでオーナー宅へ宅配便で送りました。
数日後に確認すると業務ソフトも入ったし無事動いているとか。

うーん、これだから引き取った古いパソコンも動作するやつは、おちおち捨てられません!?

 

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

2020年5月20日 (水)

ハードディスク不良のNEC VersaPro VD-Fをゲット、ハードディスクを入れ替えてWindows10をインストール、さて動作は!

このノートパソコンは某事務所でWin7のまま使われておりましたが、ついに先月に不具合で起動しなくなったそうです。
しぶとく使ってきたオーナー曰く「他のパソコンはWin10に入れ替えたし、これももうダメらしいからWin10機へ買い替えます、なのでデータの取り出しと移行だけをお願いします」との依頼です。

ちなみに不具合の症状は、起動させるとブルー画面になりそのまま固まるというもの、あきらかにハードディスクの故障でしょう。

作業はハードディスクを取り出してから、ディスクの修復を1回かけてからデータを取り出して新しいパソコンへ移します。
そしてオーナーに「こちらで修理して直ったら使っていいですか」との許可をもらい、本体とACアダプタを頂いてきました。

持ち帰ってからいろいろ確認します。
ノートパソコンの外観は、いろいろとログイン関係のシールが貼ってありタッチパットのコーティングが一部剥げています。それ以外は画面もきれいでキーボードの文字カスレもありません。液晶はくすみもなく問題ない様子です。

まずは外観の清掃です、色々貼ってあるシールを剥がします、シール剥がしスプレーを使って取ると傷もなくきれいになりました。
そしてキーボードと液晶をクリーナーで一通りきれいにします。

次に取り外したハードディスクはオーナーに渡してきたので、手元に色々ある2.5インチのハードディスクの500GBを入れてWin10をインストールしてみます。本体裏にWin7のシールがあるのでそのキーを入れます。ちなみにビジネスタイプだったのでOSはWindows7 Proでした。

ちなみにスペックは、

CPU : 第3世代 Core i5 3320M 2.60GHz
メモリ : DDR3-1066 4GB
ディスプレイ : 非光沢15.6インチワイド
HD : SATA 250GB
ドライブ: DVD-ROMドライブ

というものでした。発売は2012年で、当時の価格は174,500円というハイエンドタイプであります。

↓ がっしりした本体のNEC VersaPro VD-F、Win10インストール後です。

 

Necvl00001

内蔵の無線子機はなくDVDが書き込みできないタイプで、10キー付きのコテコテな社内での事務用タイプですな。本体も厚みがありガッシリとした丈夫な作りの本体です。

さてWin10を入れてみると、動作はSSDでもないのにもたつきもなく普通にサクサク動きます。
さすがにバッテリーはやや劣化していて60分ほどしか持ちません。

タッチパット部分はコーティング?が剥がれた部分がベタベタするので、100均でスマホ液晶フィルムのソフトタイプを買ってきてタッチパットと同じ大きさに切って貼り付けました。これでスムーズに操作できます。

↓ タッチパットの右側コーティングが一部剥げあり、ベタつくのでスマホフィルムを貼りました。

Necvl00002

ところで最近のWin10インストールではローカルユーザー登録がすんなりできません。ユーザーの登録のところでどうしてもMS様へ登録せよとなりますな。そこでメアドなんかを入れると更に厄介なので、その場合は携帯電話番号を一旦入れてから次へすすむと左下に制限付きアカウントが出るのでそちらに移動して適当な名前を入れるとローカルアカウント登録ができます。

そしてあとは内蔵無線子機が無いので手元にあるショートタイプのUSB無線アダプタを差し込んで無線接続にします。すると本体前面の無線スイッチが連動してそこでもON/OFFできます。
DVDを再生してみると音がややこもる感じで、まあビジネスタイプなのでこんなもんでしょうか。

ということで8年前のがっしりタイプなノートパソコンですが、いまでも問題なく使えます。
SSDにしてメモリも8GBにすれば相当いい感じに使えると思います。
まあ、使う方がいればパーツ代だけで譲っちゃいますかね。

※追記Win10ユーザー登録の件、最近のインストールで「制限付きアカウント」のリンクがなくなりました、どうなってんの?

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

 

 

 

2020年3月24日 (火)

ウインドウズ10でアップデートができない、何回やっても失敗するパソコンをとことんメンテでなんとか修復できました!

Windows 10のアップグレード依頼もようやく落ち着いてきたこの頃ですが、今回は「Windows 10でアップデートができない」という方よりの依頼であります。

うーむ、この辺の不具合は結構面倒でいままでも散々苦労してもダメな割に、ある日突然直ったりしてなんだかわけわからんが、依頼とあれば色々やってみましょう。
ということでそのオーナー宅へ伺ってパソコンをお預かりしてきました。使っているパソコンは富士通のLIFEBOOKシリーズです。

↓ i7でメモリ8GBとブルーレイドライブのハイスペックタイプです。

 

W10up900

 

さっそくそのままネットに繋いでWindows Updateを行うと、なるほど「更新が失敗しました」となりそのまま引っかかっている様子、オーナーに確認すると1月ころからこの表示になるそうな。

W10up899

 

エラー表示は「0x8000ffff」でこの辺はネット情報によると「保留中」となった更新プログラムの残骸が残っているらしいが、詳しい症状は色々あるらしいです。

 

このへんの情報はいつも参考にしている「ぼくんちのTV別館」さんが非常に詳しいので、その中のWindows10 Updateトラブルページをみていろいろ試してみます。

まずは、普通に3回ほど「再試行」を試すもまったく同じ状態です。
次にトラブルシューティングをやってみます。しかし同じく失敗しましたとなります。

そして、「重症な場合」のコマンドプロンプトで chkdsk なんかを試します。しかしいくつかのコマンドプロンプト操作でも全く改善しません。

うーむ、となるとかなり重症のようです。
これ以上いじると何かと現在のシステム環境に影響がありそうなので、手持ちの同じくらいのハードディスクに現在の環境をクローンします。入っているハードディスクが1TBなのですが手持ちには750GBが最大だったのでそれにまるごとクローンしてからハードデイスクを入れ替えます。そしてまたいろいろと試してみます。

まずは有償のセキュリティソフトを削除してからアップデートを試すもダメ、次にシステムの復元を試すもやはり撃沈です 。

うーむ、こうなるとクリーン再インストールしちゃえばいいのだけど、オーナーのデータもあるしいろんなソフトも入っているのでそれを再構築するのもかなり大変です。

なので最後にMS様のサイトより最新のアップデートファイルをダウンロードして直接行うことにします。しかしここから行うと何故か非常に時間がかかります。
「設定」からのWindows Updateとどう違うのかは詳しくわかりませんが、もうこれしかないので仕方なく行います。

↓ ページはここです。Windows 10 November 2019 Update で検索してね。

W10up901

 

Windows 10のダウンロードページから「今すぐアップデート」のをクリックして始めます。
すると「更新プログラムを準備しています」からなかなか進みません。

W10up902

ここで晩飯とお風呂に入ることにして、パソコンはそのままにしておきます。
2時間ほどたってから見てみると「更新プログラムの準備ができました、.....再起動する必要があります」と出ていました。

↓ この表示です。

W10up903

そしてここまでも長かったがこのあともかなり時間がかかりました。

↓ ずっとこのまま100パーセントになるまで軽く1時間ほどかかりました。

W10up904

 

2回ほど再起動されてようやくデスクトップ画面に戻ったのですべて終了したみたいです。

その後、設定からWindows Updateをみてみると「最新の状態です」と出ていますので、エラーが無くなったようです。再チェックしてみても最新となり大丈夫な様子。システムバージョンも19.09になりました。なのでもう一度ハードディスクを元の方と交換して、再度同じ修復作業を行いました。またまた数時間かけて終わり、これでようやくアップデートエラーは完治した様子です。


あとは各ソフトなどの動作確認を行ってから翌日にオーナーへお届けしました。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年3月23日 (月)

レッツノートのキーボード交換依頼あり、やや苦戦したがなんとか交換完了しました

いつもサイト制作の仕事を頂いている会社の方より、「ノートパソコンのキーボードを交換お願いしたいんです」と連絡がありました。

えっ修理依頼ですかと聞くと、なんかもうパーツを入手してあるがやり方がわからないとか。
という様子がよくわからない依頼なので、とにかくその事務所に早速伺います。
すると「キーボードが一部おかしいのでネットでしらべてパーツを取り寄せました、でもどうするのかわからないので交換をお願いしたい」ということです。

なんとパーツをご自分で取り寄せたもののやり方がわからないという、安易な事態でありますよ。お使いのノートパソコンはパナソニックのLet's note で、モデルはCF-SX3です。

レッツノートのキーボード交換は昔のCF-W8あたりはやったことがありますが、今回のモデルはCF-SX3なので念の為ネットで分解情報を調べます。するといつもの分解工房さんに丁寧な分解方法が載っていました。難易度はやや面倒なBクラスでしょうか。
なので本体一式をお預かりしての作業となりました。

↓  パナソニック レッツノート CF-SX3、これは交換後のもの。

Letsnote201

持ち帰ってからその夜に作業開始します。
まずは裏面のねじを外します。ちなみに分解工房さんにあった背面画像をA4でプリントしてから、いつものように外したネジを同じ場所にセロテープ止めしておきます。

そしてDVDのところのネジを3つ外すとパカッとカバーが開きます。そしてキーボード裏側の穴から押すとわずかにキーボードがたわんで浮き上がるので、今度は前面からドライバを差し込んで少し浮いたところから手で剥がしていきます。

 Letsnote203

↓ どんどん剥がしていきます、かなり強力に張り付いています。

Letsnote204

このキーボードは強力両面テープで張り付いてるだけなのでむりやり剥がしていきますが、これがかなり強力でちょっとづつ慎重に剥がします。そして剥がしたら下部のフレキケーブルを切らぬように今度はキーボードがわのフレキケーブル部分のテープを剥がします。その後ストッパーをずらすとキーボードが外れます。新しいほうのケーブルを接続してその部分のテープを再びつけます。

↓ この部分のテープを剥がすとケーブルのストッパー部分が出てきます。

Letsnote205

そして次に強力両面テープで本体側に貼り付けます。すると右下のあたりがやや浮き上がってしまいましたので、またまた強力両面テープを小さく切って隙間から貼り付けて補修します。

 ↓  右下あたりが浮いてしまったところ、さらに両面テープを追加してくっつけます。

Letsnote206

これで交換完了したのでネジ止めの前に動作確認を行います。
そのままそっと電源を入れてかな部分のキーをワードパッドを起動してすべて押してみます。
無事各文字が入力され大丈夫な様子、ちなみにあとから聞いたらこのキーボードは新品ではなく中古で売られていたそうです。

あとは分解とは逆にネジをつけていけば終了です。

ちなみにこのレッツノートはSSDに換装してあり、その状態の中古整備品をどこかで買ったらしいです。動きはなかなか快適でオーナーは営業の方だからこれで出先で活躍してくれることでしょう!?

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年1月15日 (水)

SONY時代の元 VISTAの赤い VAIO VGN-CS62をWindows10へバージョンアップしました

今回は一般家庭の顧客よりWin7パソコンが2台あるが、アップグレードしてWin10では使えないでしょうかとの依頼です。
まあとにかく伺って診断後にアップグレードを検討します。

その2台はどちらもノートパソコンで、1台は富士通 FMV NB50Sという元XP機種でWin7にしてもらったものとか、さすがにこのタイプはもう激遅だしハードディスクもIDEタイプだしメモリも2GBまでとかでWin10へはできなくはないがほぼ無理でありますな。

そしてもう一台が VAIO VGN-CS62で、この機種は2009年発売のVISTA時代のものでWin7にして使っていたおしゃれな赤いカラーデザインのものです。

↓ 左がVAIO、右はFMVです!

2pc6000

スペックは、

Core 2 Duo P8600 2.4GHz
液晶 14.1 インチ
メモリ DDR2 PC2-6400 4GB
ハードディスク SATA 320GB
Windows Vista Home Premium

というものです。
まあこれならSSDにすればWin10で使えるでしょう。

ということでVAIOだけアップグレードにすることにしました。もともとFMVのほうはあまりに遅いので使ってなかったそうでせいぜい年賀状ソフトを使っていただけとのこと。
そしてオーナーよりFMVの住所録データだけ取り出してVAIOの方に入れてほしいとのこと。
なのでどちらもお預かりしての作業です。

持ち帰りまずその2台からデータを取り出します、どちらも遅いだけで動作に不具合はなく、時間がかかるがデータを取り出します。特にVAIOの方は音楽ファイルがどっさりと多少のエクセルとワードファイルがありました。メールはまったく使って無いそうでたまにプロバイダのOCNのWebメールで確認していたとのこと。今回はWin10にしたあとにサンダーバードでメール設定を入れることにします。

 

データ取り出しのあとはVAIOのシステムをクローンします。いつものクローンツールでまるごと240GBのSSDにクローンして、その後ディスクを入れ替えます。Win10で引っかかりそうなソフトを削除してからその後にアップグレードを行います。最近たまに引っかかるバージョン19.03ではなく18.09のインストールディスクで行います。どのみちアップデートでほっておけば最新になりますし。

↓ 各バージョンで作ってあるWin10インストールディスク、右下はお試し版

W10dvd

 

無事30分ほどで終わりWin10になりました。
あとはオーナーがログインして使っているグーグルクロームを入れてメインブラウザにし、アドビのPDFリーダーと、使っていたDVDソフトとオフィス2010を入れ直します。デバイスマネージャであたっていないドライバはFeliCaとマジックゲートだけで、そのへんはまったく使っていないので問題なしです。動きはというとサクサクで快適な動作です。

次にFMVの筆王の住所録を移します。調べると年賀状用の住所が200件ほど入っていたので、一旦CSVファイルとして取り出してから、Win10に新しい筆ぐるめをインストールして、「他ソフトからの取り込み」でそのファイルを読み込んで保存します。

あとは伺ったときにメール設定をサンダーバードに入れました。3年以上もメールソフトで受信してなかったそうでメールニュースや迷惑メールなどが5000通ほど受信していました。

その後プリンタをつないで設定しますが、かなり古いキヤノンのiP7500というプリンタで、なんとメーカーサイトにWin10のドライバが見当たりません。まあそういうときはドライバを入れずにUSBをつなげてプリンタ電源をいれれば自動で認識しドライバがあたります。無事認識して印刷設定もできるしプリント結果も問題ありませんでした。

これでデータもすべて移してVAIOがWindows10で使えるようになりました。
FMVのほうは引き取ってリサイクル行きとします。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2020年1月 9日 (木)

5年ほど起動してないレッツノートCF-W8をゲット、なんとか動いてWin10をインストールしてみた!

2019年の12月にホームページの打ち合わせで伺った会社の顧客の社長より、「使えないXPのノートパソコンあるので処分してください」とお願いされました。

はい、使えないとは故障していますかと聞くと、起動するとなんかエラーが出るのでそのままでもう5年ほど動かしてないから、ほんとにもうダメかもしれないとのこと。では、もし直して使えたら使っていいかと伝えてからいただいてきました。

機種は2008年頃発売のパナソニック レッツノートCF-W8でVISTAモデルをXPにダウングレードしたものです。当時の価格は25万前後という堅牢性能で現場系ならこれしか無いという高性能で高価格なモデルであります。外観はホコリを払うとまあきれいでボディの凹みが1箇所と右Altキーがありません。

↓ ゼロハリバートンっぽいデザイン、左側にヘコミひとつありです!

Cfw8001

さて一緒にいただいてきたACアダプタをつないで電源を入れてみます。
するとなんなく普通に立ち上がってXPのログイン画面になりました。
ログインパスワードが掛かっているので例のパスリセットソフトで解除します。

再起動すると今度は普通にXPのデスクトップが出ました。そのまま様子を見ると「エラーが出ましたのでエクスプローラを終了します」と出てそのまま固まりました。うーんこのことか、たぶんハードディスクエラーかシステムファイルエラーですな。

ちなみにスペックは、CPUはC2D U9300でハードディスクはSATA 120GB、メモリは最大の3GBでした。
なのでイッちゃってる2.5インチハードディスクを、手持ちの160GBのものに入れ替えてWin10を試すことにします。
なお、メモリがやや少ないので32ビットのお試し版を入れてみます。

裏面のバッテリーとカバーを外してハードディスクを入れ替えます。
堅牢なボディタイプなのでハードディスク部分は分厚い柔らかなクッションのカバーが付いてます。

↓ ハードディスクを取り出したところ、黒いのが分厚いHDクッションカバー!

Cfw8003

HD交換後にBIOSでDVDブートに変更してから、Win10システムDVDから立ち上げてインストールを進めます。
インストールが終わったら不足しているドライバが自動で入るのを待ちます。そのままにしていると画面がチラチラしてビデオドライバもはいったしく、その後デバイスマネージャーを確認するとドライバはすべてあたっていました。

↓ Win10で起動したところ、液晶右がやや暗い!

Cfw8002

さて、動きはといえばあの激重OSのVISTA時代のモデルなので、まあWin10ではサクサクではないがぎりぎりの動きですかね。もし正式に使うならSSDに交換したほうがいいですな。

そしてキーボードのキーのない右Altキーは、頻繁に使うものではないのでそのままでもいいが、みっともないので廃棄予定のパソコンから近いものを取り外して取り付けておきました。

↓ 若干色が違うが、まあいいか...!?

Cfw8004

そして新品なら10時間は持つというバッテリーは流石にヘタリが出ているが、それでもいまだ3時間30分は使える様子です。また、液晶の右端がやや暗いようですわ。

ということで外装クリーニングとハードディスクだけ交換で直ってWindows 10で動きました。
これはしばらくWin10で試してみてからどうするか考えます、キーボードも交換するなら手に入るようだけど、ほぼ使わない右Altキーが一つだけなのでこのままでいいとします。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

2019年11月 7日 (木)

ハードオフで300円の VAIO PCG/PGPN ジャンクパソコンをゲット、さてホントに使えるのか?

ある日またまたハードオフへ古いプリンタ用のインクを探しているときに、ふと目についたジャンクパソコンがありました。それは一体型のVAIOデスクトップパソコンで、昔修理したことのある機種でした。

ハードオフの大きめなプライスカードもなく、かすれた値札シールで300円とだけあります。動作やパーツがどうとかも書いてないが、すごく気になるので近くにいた店員さんに「これ動作したとかも書いてないけどどうなんでしょうか」と聞くと、「ACアダプタがないので動くかはわからないんですがハードディスクとメモリはありません」とのこと。

うーむどうするか、300円なら遊ぶのにいいかもしれんし、ハードディスクとメモリなんか手持ちにいっぱいあるのであとはACアブプタだけど、当時のVAIOはノートパソコンと同じタイプの19Vだから2つくらいあったよなと思い、インクといっしょにゲットしてきました。

↓ VAIO PCG/PGPN スタイリッシュな一体型です!

Vaiopcg2p2n001

さて、持ち帰って値札シールをよくよく見るとかすれた値段が300円ではなく500円でした!
でもレジのおっさんも300円と言ってたし、けっして私から値切ったわけじゃないですよ。

↓ 老眼だったらこれ300円じゃない!?

Vaiopcg2p2n002

まあともかく、ゲットしてからその2日後にいじってみました。
こいつは一体型でもわりと分解は簡単で、後ろ側のネジと足の部分のネジをカバーみたいのをはがしてから取れば、後はハマっているツメが意外と柔らかいのでカバーがカパッと取れます。

↓カバーを取ったところ、ネジはいつもの紙にセロテープで止めておきます。

Vaiopcg2p2n005

Vaiopcg2p2n004

 

内部を確認するとやはりハードディスクとメモリはありません。
なのでまずはそのままで手持ちのDDR2-800のメモリを2枚さしてから、VAIOのノートパソコン用の同じ19V電圧のACアダプタをつなげてスイッチを入れてみます。

 

するとピッと起動音がしてVAIOのロゴが出てからBIOSが立ち上がりました。システムがないのですぐBIOSに入って見ると日付があってないし、メモリも1枚しか認識されていません。

 

内部もファンの回りにかなりホコリが付いています。なのでまずは一旦電源を切り内部を掃除します。
コイン電池も新品に取り替えます。2つあるメモリスロットも外側のほうがホコリが付いていたのでいつも使っているKureの接点復活スプレーで拭きます。ついでに液晶画面や本体の枠なんかも汚れを拭き取ります。

そしてもう一度電源をいれてまたBIOSに入ってまずは日付を合わせます。そしてBIOSを終了させて起動させると今度はファンエラーとかのメッセージが出ました。うーむ、なかなかてごわいですな。

2つあるCPUファンのうちどちらかがおかしいらしいです。しかしどちらも回転はしてますが...

 

↓矢印のファンがだめらしい、グリーンのビニテはハードディスク用のネジ4本が内部に有りました。

Vaiopcg2p2n003

 

ようするにファン回転センサーがおかしいらしいので、こいつはたぶんファンを交換しないとだめですな。あるいは基盤がだめなのかもしれんかも。

 

ということで、この後は次回ということで(次回はいつかわからんけど...)

※友人情報で、この機種はコールドスタートで起動しないリコールがあったとか、それならだめでしょうな!?

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

 

2019年11月 3日 (日)

ひきとった富士通 LIFEBOOK AH55ノートパソコンをWin10へアップグレード、しかしまたもBIOSで引っかかる!

サイト制作のお仕事を頂いている某東洋医学系診察所の院長からおみやげを頂きました。
仕事で伺うときに疲れが取れないとか話をしていると「ではこれを飲みなさい」と出されたものがこれであります。

 

↓ 宝力酒(ほうりきしゅ)という活力成分たっぷりのお酒であります。

 

Houriki00001

 

持ち帰って調べるとぬわんと1本5000円もするもので、その道の方(なんの道?)には必須なものらしいです。うーむ、成分を調べると「スッポン・マムシ・マカ・ルピナス・ヒバマタ...」だって!!

試したかって?
いいや怖くてまだ飲んでません!?

 

さて、今回は最近どっと増えた仕事の、サポート終了するWin7からWin10機への入れ替え依頼でひきとったWin7機をまたまたいじってみました。
機種は富士通のLIFEBOOK AH55/DCという2011年頃の多分ヨドバシカメラモデルです。

↓ Win10インストール中の画面。

Lbah55001

スペックは、
CPU Intel Core i5 M480 2.67 GHz
メモリ 8 GB ※4GBを増設
 HDD 500GB
画面サイズ  光沢 15.6 インチ
Blu-ray Disc ドライブ

というもので、メーカー公式サポートではWin10未対応とのことですが、そのままバージョンアップしてもスペック的には十分すぎるものです。入れ替えのときにデータを消してリカバリしてあるので、初期のWin7のまま動かしてもかなりな快適なスピードであります。

ちなみに依頼のあった事務所は3台のパソコンを一気に入れ替えてその中の一台を頂いたものです。
富士通好きな社長らしく新しいほうもすべて最新の富士通のSSDなノートパソコンでした。

持ち帰ってしばらくそのままでしたが、さすがに最近色々溜まってきたので先日約10台ほどを使えるものと廃棄とで整理しつつ整備し始めました。そのLIFEBOOK AH55はもちろん不具合はなく、メモリも増設して8GBもあるので一番Win10にしやすいと思ってアップグレードしてみました。

 

まずはWin10で使えないもとから入っている富士通ソフトやらを削除します。よく引っかかるSDカードドライバも削除します。そのまま起動した状態でアップグレードDVDから行います。

言われたとおり進めると最終時点で「失敗しました」となりました。うーむまたまた例のあの辺りだろうか。なので富士通やNECでよく引っかかるBIOSで「レガシーUSBサポートを使用しない」に変更します。

↓ 引っかかったときの画面、最後の最後で出ないでよ!

Lbah55002

BIOSで変更してからもう一度最初からアップグレードを行うと、今度は最後まで進んで無事Win10になりました。

しかし体感速度はというとCore i5の第1世代でそこそこなスピードのモバイル向けCPUなのと、SSDにもしないで数年使ったハードディスクそのままなのでややまったりとしてしまいました。


まあこのまま軽い作業なら使えるけど、どこかに常渡するならSSDへ入れ替え必須です。このところはよくある親戚筋からのおねだりも無いので、動画再生にぴったりな光沢液晶なので自分のDVDビデオ再生用にしておきますかね。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

2019年9月 4日 (水)

突然起動しなくなった業務用ノートパソコン、復帰が大変だったがなんとかよみがえりました!

2019年も9月に入ってようやく酷暑も和らいできました。うるさかった蝉の声も少なくなって秋の虫の声に変わってきたようです。

 

さてさて、毎年夏が終わるとパソコン修理がどっと増えてきます。まあ暑さも原因だけどやっぱ湿気でしょうかね。9月からぼちぼち増えて10月になるとどっと依頼があります。

今回の依頼は、Win10のノートパソコンが突然起動しなくなった、起動途中で修復画面が出てきますとのこと。
顧客はパソコン講師仲間のお得意様で、自営業の方であります。

ちょうどその講師と講習の打ち合わせしていたときに緊急連絡が入りました。その時間が夕方5時まえだったので「もしそのまますすめることができても時間がかかるので、ひとまずシャットダウンしてください」と伝えてから翌日の午前中に緊急出動しました。

患者は富士通のハイスペックノートパソコン Lifebook AH53で、i7とメモリ16GBにブルーレイドライブというもので、でも使用目的は事務用なので当然オーバースペックでありますな。

↓ 富士通LIFE BOOK AH53、右下はエラーの出たハードディスク。

Fmvah53002


早速診察を始めます。
電源スイッチを入れるとしばらくあのくるくるマークが出てからWin10のエラー時の「修復しますか」画面となります。そこでオーナーに、いままでこの画面は出ましたかと聞くと「見たことはない」とのこと。ただし最近動きが妙に遅くなったりする時があったするそうです。

うーむ、とするとシステムファイルかハードディスクの故障のどちらかですな。
その修復画面から進めて起動時エラー修復と回復コンソールもできず、さらにシステムイメージも作ってないのでその場では修復できません。なので再起動して自動的に出る起動時エラーチェックをかけます。しかしそれでも表示は同じでアカンでした。


オーナーに使用ソフトなどのしごと環境を確認すると、業務用の保険関係のソフトの使用がメインで後はメールくらいとのこと、ただし業務用ソフトが厄介で再インストールになるとメーカーに来てもらって設定してもらうのと、その費用も3万以上かかるとか。
なのでなんとかならないのでしょうかとおっしゃる。

うーむ、厳しい状況ですな。なのでお預かり入院ということで本体とACアダプタを受け取って戻ってきました。

 

さて、こうなると選択肢は2つです。なんとか起動するようにこのまま修復するか、新しいハードディスクを入れてすべて再インストールするかですな。
まずはハードディスクを取り出してからクリスタルディスクインフォで確認すると、みごとにイエローカードが出ました、はいハードディスクの物理的な故障であります。ただしレッドカードじゃないのでまだ見込みがありますな。

そこで外付けUSBアダプタのままエラーチェックをかけます。エラーが多いのかなんと約3時間もかかりました。
そして元のノートパソコンに戻して電源を入れてみるとようやくWin10が起動しました。ただしめっちゃ遅いですな。不具合部分を引きずって動いている感じでしょうか!?

↓ ハードディスクは裏のカバーを開ければすぐ取り出せます。

Fmvah53003

このままだとそのうちまた起動しなくなるので、新しいハードディスクに入れ替えることにします。まずはデータのバックアップを取ります。デスクトップとドキュメントフォルダのユーザーデータをコピーして、あとは業務用ソフトの作業データもコピーしておきます。

そしてから復帰用にシステムイメージを保存することにします。ところが進めた途中で「読み込めない部分がある」というエラーが出て保存できません。まだエラー部分があり読み込めできないようです。

 

つぎにクローンソフトでまるごとコピーできるかをやってみます。ちなみにエラーのあるディスクのクローンは同じ容量のディスクで行うほうがいいです。なので同じ1TBの2.5インチハードディスクを用意して行います。
まずは easeusでクローンするも途中でやはりエラーで止まります。2回試してみても同じでした。
つぎに同じくクローンツールで有名な aomeiを使います。こちらのほうが幾分使い勝手もいいし、いままでもクローンエラーも少ないみたいです。ところがこちらも2回行ってもダメでした。

うーん、どうするか。
いろいろやってみることにします。まずはCドライブのディスククリーンからシステムファイルクリーンですべてのチェックを入れて不要ファイルを消します。つぎにそのままエラーチェックを行います。Win10ではシステムドライブでも再起動せずできるので、そのまま30分ほどかけておこないます。そして「エラーはありません」と出たので終了です。

その後に再度 aomeiでクローンを行います。ターゲットはもちろん同じ容量の1TBハードディスクで、クローンおこなうと今度はエラーも出ずに進み、40分ほどで終了しました。

つぎにUSBで接続したそのままでクローンしたターゲットディスクの方をエラーチェックします。ここまでしなくてもいいかもしれんが、まあ念の為ですな。
そして、そのクローンしたほうをノートパソコンに入れ替えて電源を入れます。

すると今度はすぐに富士通マークが出た後にWin10が立ち上がり、ログイン画面となりました。
そのままいろいろ動作確認するも大丈夫で、やっと復活したのですぐにオーナーに連絡します。

「よかったです」とのことで早速オーナー事務所に届けます。そしてオーナーのバックアップ用の外付けハードディスクにシステムイメージを保存します。

これでバックアップデータとシステムイメージがあればまあ大丈夫だけど、業務用で持ち出ししないのならばできれば修理しやすいデスクトップタイプのほうがいいんですけどね。

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

 

2019年4月25日 (木)

Windows10アップグレードが失敗するその2、今度は富士通 LIFEBOOK AH550/BN でもなんとかWin10にできました!

前回はNECだったけど今回は富士通のノートパソコンで、オーナーがWindows10アップグレード失敗した機種の依頼であります。
パソコンは2010年発売の LIFEBOOK AH550/BNでして、これはなんでも昨年一度やってみたらダメだったとかで再度挑戦するもアカンかったとのことで、なんとかしてほしいとご依頼をいただきました。

まずはご自宅へ伺ってからいろいろ問診であります。
最初は例の自動強制なアップグレードのときに「エラーのため...」とか出たそうです。そのまま昨年の秋頃に一度ネット情報をもとに試みましたが同じ表示でダメだったそうな。
ちなみにオーナーデータはすべてUSBにコピー済だしメールも届いたものはもういらないとか。
なので最悪フォーマットして初期化後のインストールでもいいとのことです。

ということで本体とACアダプタのみお預かり入院しての対応です。
さて前回と同じくエラーチェックやらディスククリーンやら行ってから進めることにします。
なお今回はオーナーの希望でSSDへの入れ替えは行いません。

  ↓  LIFEBOOK AH550/BN Windows7-32bit

Lifeb502

なのでそのままのハードディスクで作業することにします。まあ最悪なら初期化も可とのことだけど後々がめんどいからなるべくデータや設定そのままで行いたいッス!?

システムディスクは交換しないとはいえ元のWin7でも起動しないとかは困るので、保険として別のハードディスクへクローンしておきます。そのクローンを作ってからアップグレードを開始します。

ちなみにこのモデルはOSが32ビットなので、最新のWin10-32bit版インストールディスクからアップグレードを開始します。

ところがあと再起度だけというところでクロ画面でウィンドウズマークのところでフリーズみたいになります。
しかたなくその後手動で再起動させると例の「エラーのため...」との表示が出ました、うーむこのことか。その日はもう深夜だったのでそこで中断して寝ちゃいます。

この機種はメーカーではもちろんWin10の対象外になってます。なので次の日にまずはいろいろネット情報を探ると、なんとか対応策が見つかりました。
機種名でググったら「BIOSでレガシーUSBサポートの対応を使用しないにする」と先輩諸氏のページがありました。」ありがたやであります。早速そいつを試してみます。

↓ ここね、これを「使用しない」にしてから試みることにします。

Lifeb501

BIOSを変更してからWin7から再度すすめると、さっきダメだった再起動まで進み、その後の画面を見守ると先程は出なかったくるくるマークが出て来てその後に無事Win10で起動しました。
そのまま初期設定を進めてようやくアップグレードできたようです。

やれやれ初期化しないでできたので各ソフトや設定もそのままだし手間なくて良かったです。
と思いきや各ソフトを確認しているとエクセル・ワード2010や筆王などは大丈夫だが、ライブメールがどうしても送受信できません。プロバイダでのメールアカウント設定も確認するも合っているのにどうしてもダメみたいです。なので入っていたアウトルック2010へメールアカウントを移すことにします。

プロバイダの設定値はわかるので後はパスワードだけオーナーに確認しようと連絡すると、「あの、パソコンではあまりメール使わんからいいですよ」とのこと。
はあ、そうですか。
いまはスマホメールとプロバイダページのWebメールのログインで事足りているとのことですわ。
つーことでメールソフトの設定もナシで終了です。

そしてその翌日にお届けしてからプリンタ接続を再度行います。それですべて作業完了です。

さて、前回も書いたけど今年はこんな難儀な依頼が多いのでしょうか、みなさんなるべく新しいWin10パソコン買ってくださいな!?

 

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

◆訪問パソコン修理と設定依頼は! 訪問パソコンドクターあゆみ

ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧

【PR】オススメ本&DVD

  • あなたの婚活に絶対に為になる一冊です!
  • ジブリの不思議な猫と女の子のストーリー
  • なんだこの猫たちは独特のイラストも楽しい!?
  • 必死に頑張る信じられないかわいいねこたち
  • これを読んだら元気も復活!?
  • 読んでホッコリあったかいネコ本!!