フォト

所属しているパソコン訪問授業「あゆみ」のページ

  • パソコン修理と設定「PCドクター あゆみ」
  • 訪問パソコン教室 あゆみ

【PR】Amazon link

無料ブログはココログ

【PR】 おすすめネットサービス

  • びっくりするほど簡単にホームページを作成「グーペ」
  • リーズナブルで高機能サーバー「ロリポップ」
  • あなたにも簡単に始められるネットショップ「カラーミー」
  • ドメイン取得なら 「お名前.COM」

« ハードオフで sycom のパソコンをゲット、その後 | トップページ | dynabook Qosmio F20 のその後、Win 7へバージョンアップしました! »

2016年2月 5日 (金)

東芝の dynabook Qosmio ノートパソコンからのデータ取り出しとWin7へバージョンアップ

とあるハードオフでの出会い話です。
先日時間が空いたときにふらっと寄ったハードオフにて、ジャンクコーナーに行くと熱心にビデオデッキなんかを探しているおっさんがいました。なんだかぶつぶつと独り言を言いながらめぼしいジャンクがあると通電お試し台に持って行ってスイッチを入れたりしています。

まあ、整備して転売する業者とは目つきが違うのでプロではないらしく、たまに見かけるタイプだなあと思って見守っていると、こちらが通電お試し台でジャンクパソコンの起動を試しているときに「どうですか、動きますか?」と話しかけられました。
なので「はあ、パソコンいろいろ修理してます。そちらはビデオなんかに詳しいのですか」と聞くとジャンクオーディオを直すのが趣味だとか。今日はレーザーディスクのプレーヤーを探しに来たとか。なんと80枚くらいレーザーディスクを持っているらしいです。

さらにいろいろ訊くと分解修理を相当やるらしく、まるで知り合いのハンダゴテ大好きおやじのようです。その方はソニーのレーザーディスクプレーヤーを「これは貴重なモデルだ」とかでゲットされていきました。

その日はその店では出物もなく手ぶらで帰ったんですが、わたしもはたから見ると目つきの悪いおっさんに見えるのかなぁ、などとふと思っちゃいましたが...

 

さて、今回の依頼は起動できないパソコンからのデータ取り出し依頼です。とはいってもそう難しそうではなく、以前使っていた壊れてはいないXPパソコンが、しばらく使っていなかったらノートパソコンのACアダプタがなぜか見当たらなくなって、バッテリーも切れていてデータが取り出せなくなったそうです。

  ↓ 東芝 dynabook Qosmio 白い本体はほぼ綺麗なまま!

R001849100002


なのでその場では無理なので当然お預かり入院であります。
たぶん分解してハードディスクからデータを取り出す予定です。

持ち帰り本体裏の記載を見るとACアダプタ規格は15Vの5Aタイプだそうなので、試しに手持ち在庫を探すと、以前廃棄したNECのACアダプタがなんとコネクタもぴったりで使えちゃいました。

   ↓ NECのが容量もコネクタもぴったりでそのまま使えました!

R001851200002

ですのでそのままXPを起動させてからユーザーデータをすべて無事救出し、データ取り出しがあっさり完了です。
すぐにデータはokですとオーナーに連絡すると、この本体はXPなので不用だそうなので、またまたいただいて初期化リカパリしてデータを消してからいじってみることにします。

 

機種のスペックを調べると、2006年頃発売のXP後期の東芝の dynabook Qosmio F20/573LS というモデルで、テレビも見れるメディア機能満載の高級モデルですね。

特に液晶が綺麗でスピーカーシステムはハーマンカードン製でアクションビデオや音楽を再生するとかなりないい音がします。そのかわり本体も厚みがありどっしり重い据置型のノートパソコンですな。
XPのまま音楽ビデオ再生専用でもいいくらいですが、こりずにWin7あたりへと無理やりOSアップデートを試みます。

ポイントはメモリとビデオチップのドライバあたりともう目星がついちゃってますが!?

ちなみにもともとのスペックは、

CPU    : Celeron M360j
チップセット : Intel 910GML Express
メモリ : DDR2-3200-400 512MB 最大 2GB
HD     : IDE 100GB
ドライブ: DVD-スーパーマルチドライブ
モニタ  : 15.4ワイドClear superview液晶

その他に無線LAN・1スロットメモリカード・PCカードスロット・アナログTVチューナー と、てんこ盛りにフルで付いています。キーボードの右についているのは独立のボリュームで何とも微妙な調整ができるものでゆっくり回すとちょっとづつ音量が変化し、早く回すとすぐに変化します。

  ↓ でっかいボリュームコントローラーとスピーカー部分、裏側のでっぱり

R001850500003


harman/kardonのスピーカーは本体の裏にも丸くスペースがあり低音が響いてます。
うーんここらへんもWin 7とかにするとどうなるか...

さて、まずは下準備です。

Cドライブ直下にある app&drv という隠しフォルダを外付けハードディスクへコピーしておきます。ここには再インストールに必要なソフトやドライバが入っています。もちろん隠しフォルダ属性はチェックを外しておきます。

つぎにチップセットのIntel 915/910GML がWin7ドライバがないので、以前手に入れたVista用のものを使います。

そしてメモリですが、Toshibaのサイトで確認すると最大で2GBまで入るとのこと。この機種にはDDR2-3200が入っていて上位機種にDDR2-4200のものもありますが、手持ち在庫にはどちらもないので、試しにDDR2-5300-667の1GBを2枚さして起動してみました。対応していないと計画が進まないんだけど無事に問題なく起動して2GBとも認識していました。

ハードディスクはもしもWin 7でコケたら元に戻すために取り出して XPのままで保存しておきます。
入っているのは古いIDEハードディスクなので、そこらへんの古パーツはもちろんいろいろあるので、在庫の120GBの2.5インチと入れ替えます。

準備が整いましたのでWin 7システムディスクから立ち上げインストールしてみます。入れるのはもちろん32ビットです。

インストールがひととおり終わった後、デバイスを見ると4つほどドライバなしがあります。
ディスプレイアダプタは「標準..」となっているのでここにVistaのものを互換性のトラブルシューティングでインストールします。再起動して画面も1280 x 800になりIntel 915/910GMLで表示されています。

残るはサウンドと大容量メモリドライバとアナログTVチューナーですがTVは当然使えないのでそのままでいいけど、サウンドのドライバはどうなるか、せっかくのいい音のスピーカーから音が出るのだろうか?

さて続きはまた明日以降に...

 

□■□■□■□■□■□■□■□

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます..  * Takamaru *

◆出張パソコン修理・設定承ります。依頼希望の方はこちらをご覧へ

◇ご自宅がパソコン教室に!  訪問パソコン授業 あゆみ

◆オリジナルデザインネットショップ Yahoo!shopping【シャイニーアイディー】

ポチッとよろしく!

« ハードオフで sycom のパソコンをゲット、その後 | トップページ | dynabook Qosmio F20 のその後、Win 7へバージョンアップしました! »

データの救出」カテゴリの記事

ノートパソコン修理設定」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

XP→Windows7へバージョンアップ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

【PR】オススメ本&DVD

  • あなたの婚活に絶対に為になる一冊です!
  • ジブリの不思議な猫と女の子のストーリー
  • なんだこの猫たちは独特のイラストも楽しい!?
  • 必死に頑張る信じられないかわいいねこたち
  • これを読んだら元気も復活!?
  • 読んでホッコリあったかいネコ本!!